ホームへ
地酒
焼酎
果実酒
ワイン
オリジナル
ウイスキー

カゴの中をみる

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
クレジットカード及び20歳未満へのお酒の販売禁止

酒蔵一覧

商品カテゴリ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

商品検索

蔵元・酒種から選ぶ
商品名を入力

営業案内

営業案内

お問い合わせ

メールマガジン よくある質問 業務用メニューのご提案

ウイスキー

6件の商品がございます。

イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル

3,500 円 (税抜)
イチローズモルトは「ベンチャーウイスキー 秩父蒸留所」で製造されています。2008年に蒸留を開始した秩父蒸留所のウイスキー原酒をキーモルトにし、9蒸留所のモルト原酒と2蒸留所のグレーンウイスキーをブレンド。さわやかで、華やか。
  • オススメ
  • 限定品

三郎丸 ムーングロウ 2019 Limited Edition / 700ml

9,200 円 (税抜)
【富山県 若鶴酒造】
◇ 三郎丸 ムーングロウ 2019 Limited Edition 700ml...9200円
※20年以上年月を重ねた三郎丸蒸留所モルトをキーモルトに熟成年数が10年以上の原酒のみを吟味しました。
グレーンは赤ワイン樽でフィニッシュしたものを合わせて、より深みのあるブレントをしました。
長い年月が生み出す重層的な味わいと複雑な余韻が、調和を奏でながら永く続きます。
  • NEW
  • オススメ
  • 限定品

シングルモルト駒ヶ岳 津貫エージング Bottled in 2020

8,200 円 (税抜)
【鹿児島県 本坊酒造】
限定5,161本 シングルモルトウイスキー
「シングルモルト駒ヶ岳 津貫エージング」は、マルス信州蒸溜所で蒸留したモルト原酒を、本土最南端のウイスキー蒸溜所であるマルス津貫蒸溜所で熟成したシングルモルトウイスキーです。バーボンバレルで熟成されたモルト原酒を主体にヴァッティング。柑橘系のフレッシュな香りと柔らかい甘さの中に、ピート由来のスモーキーさを感じるウイスキーに仕上げました。冷涼な環境のもと造られた原酒を温暖な気候で熟成させた、マルスならではのモルトウイスキーをお楽しみください。

越百(こすも)MARS MALTAGE43% 

4,200 円 (税抜)
日本アルプス山系、駒ヶ岳の麓から湧き出る清らかな水、豊かな自然の息づく標高798mに、信州マルス蒸留所は静寂の中たたずんでいます。
「MARS MALTAGE 越百 ~Malt Selection~ 」は、マルスウイスキーのブレンド技術により、タイプの異なる複数のモルト原酒をヴァッティングすることで、複雑さと奥行きを表現したモルトウイスキーです。

ハチミツやキャラメルを連想させるふくよかな甘い香りの中に、ほのかなスモーキーフレーバーと熟した果実の香りが広がり、口当たりは丸く柔らか、優しい余韻が特徴です。

商品名の「越百」は、中央アルプスに連なる山の一つである「越百山」から名付けました。宇宙を連想させる越百(コスモ)という呼び名から、中央アルプス山麓にある信州マルス蒸留所から見上げる夜空をイメージしたラベルデザインとしております。

岩井トラディション 750ml

2,000 円 (税抜)
様々な樽酒やビーティーなモルトをヴァッティングすることによる、複雑で心地良い印象が特徴。ボディーがしっかりしており、水割りやハイボールでもその伸びや重厚感が損なわれず、味わうたびにバランス感のあるハーモニーが楽しめます。
  • オススメ
  • 限定品

こだわりモルトの地ウィスキー 1800ml

2,400 円 (税抜)
●取扱店限定世界を獲ったマルスの蒸留所から送る。鹿児島県本坊酒造が手がける「マルスウィスキー」の取扱店限定商品。◆WWA2013において「マルスモルテージ3プラス25」が、ワールド・ベスト・ブレンデッドモルト・ウイスキーの栄誉を受賞しました!マルスウイスキーは、1949年に鹿児島で誕生し、その後山梨を経て信州へ。現在では長野県上伊那郡宮田村にある信州マルス蒸留所に拠点を移しています。「こだわりモルトの地ウイスキー」は、信州マルス蒸留所のモルト原酒をはじめとした、こだわりぬいたモルトに、グレーンを絶妙にブレンド。甘い香りと口当たりの良いマイルドな味わいに仕上がりました。日本のウイスキー造りの最南端、鹿児島の地で瓶詰めした、昔懐かしい一升瓶ウイスキーをお楽しみください。●アルコール度:37度
来福鰻純米
岩井トラディション
季節のおすすめ
情け島
火ノ鳥
肉正宗
829グリル
肉に合う日本酒
無手無冠ジビエ
こだわりモルトウイスキー
田中六十五

商品カテゴリー

地酒 焼酎 肉に合う日本酒
ワイン
このページの先頭へ